自画自賛

昨日に続いてサーモマップのこと。

サーモセンサーを小型ヘリコプターに搭載して、様々な調査をしてきたことは昨日書きましたが、ひとつひとつ振り返ってみると、これが社会に貢献していることが多く、自画自賛したいところです。

しかし、温度分布・拡散の状況が一般に知られては、まずいようなマイナスの現象も多く(だから対策をするための調査なのだけど・・・)驚くこともしばしばあります。

そんな訳で都合の悪い結果がでるような調査は避けているようなこともあるのかな?

これからも環境問題の調査、対策のベーシックなデータとして使ってもらいたいと願っています。