航空レーザー測量の可能性

イメージ 1

 
弊社では、最近、既存の航空レーザーデータを応用することを積極的に勧めています。
今回、その一部をパンフレットにまとめましたので、ご興味ある方は、ご覧いただければと思います。

◯『GIS解析:既存LPデータ活用事例』
多額の費用をかけて既に整備された航空レーザーデータの活用を。
コンター図作成から、樹高解析、3次元アニメーションなど。
http://www.skymap.co.jp/pdf/lp_gis.pdf

LPデータ・・・数年前は、
うん?航空レーザー?レーザープロファイラ?何だ?
って聞かれることも多かったです。GISがやっと一般的になっていった頃ですかね。
今は、仕事で会うほとんどの人の目や耳に、LPというワードが入るようになってきたよう感じます。
航空LP技術はすごい勢いで進歩・浸透しています。
地球上の空間情報は全て高さを持っててっていう日も近いかもしれません。

一方で、自然環境を扱う以上、机の上、空の上だけじゃ足りなくて、
フィールドに出て、自分の足で歩くことが大事だと私は思っています。
個人的にも、外が好きです。イバラの棘、大量の虫、そして熊の気配・・・、苦手なのもありますが(笑)

ちなみに弊社はGPS調査もやっています。
http://www.skymap.co.jp/pdf/gps_field_survey.pdf

では、だらだらと長くなりましたが、何かありましたらお気軽に。

     スカイマップ株式会社 パンフレット一覧 http://www.skymap.co.jp/pamphlet.htm