デジ一眼による航空写真

弊社では小型ヘリコプターや飛行機を使用し安価に空撮をしておりますが、
最近では調査地点が狭小な場合には、一眼レフデジタルカメラによる撮影が
増えてきております。

リモートセンシングする場合(地上より上から空間データをとる場合)は、
その目的、具体的には範囲、タイミング、解像度、コストなどに合わせて、
最適なプラットフォームを選択する必要がありますが、人工衛星、航空機、
ラジコンなど、総合的に判断してアドバイスできるよう努めております。

また既存のレーザープロファイラーデータの活用を始め、GIS関連の解析
業務も増えてきております。

今日、航空LPはかなり一般的な技術となり、活用するケースが多いです。
森林関係では過去の写真と併用して樹高の変遷を把握、河川関係では
横断図の作成や樹林化問題に関わる樹木調査といった内容などの活用が
あります。

GISデータからの主題図作成、イラストレータからArcGISへのデータ変換など、
細かいお手伝いも増えてきております。

撮影、内業問わず、何かありましたらお気軽にご相談ください。
スカイマップ株式会社お問い合わせ先


(本内容は、お世話になっているコンサル関係者の方に送ったメールの一部を転記しています)