生態学会参加 操縦士から見たドローンの安全ほか

3月後半に日本生態学会第63回仙台大会に行ってきました。
話を3つほど。

○まずUAVや空撮をテーマにした自由集会で、
 空輸中の映像をオープンデータ化している話をさせて頂きました。

 何より嬉しかったのは、翌日の衛星リモセンの集会で、
 「ヘリ映像をオープンデータ化してる話を聞いた!衛星も考えていこ!」と
 僕の発表が話題に上がっていた(らしい)ことです。
 いろんな人に聞いて頂けたようで、行った甲斐が大いにありました。

○次に実機とUAVと両方に関わる者として学会中の会話のネタ的に、
  「ドローンの安全」について事前に事業用パイロット数人にヒアリングしてました。
 その時のメモをここに載せておきます。 もし何らかの参考になれば幸いです。

--- 実機操縦士から見たドローンの安全について---
 
 ・とにかく上空側(実機)からは見えないので怖い。

 ・レーザーの仕事で河川を飛ぶ前に、
  航空局に申請するが「今日はドローン飛んでいるので注意してね」って言われるが、
  見えないから、どうしようもできない。
  局としても、注意喚起はしましたよ!以上のことはできず、なんともと。

 ・ヘリは思っているより脆いことを知っておいて欲しい。
  回転部分が多く、テールローターにPhantomなどがあたれば、すぐ墜落の危険。
  ラジコンを乗用車が轢いてしまうのとは違って、すぐに大事故に繋がる。

 ・高度について、ドローン搭載の安価なGPSで本当に正確に150m以下を守られるのかが心配。
  余裕を持っておいて欲しい。

 ・UAVの高度は150mより下、ヘリの高度は150m以上、150mではかぶっている。怖い。

 ・さらに正確に言えば、実機は航空法上、高度150m以上ではなくて、障害物から150m離れること
  とされている。言い換えると、水面の上や、自然の上など、150mより下がることはある。

 ・固定翼の測量はまあまあ高度確保するケースが多いが、
  ヘリの測量は500ft(150m)も普通にやっている。

 ・本当はドローンは100mまでとかにして欲しいなぁ。

 ・極論の結論としては、ヘリの音が聞こえたら、飛行をやめておいてほしい。

    ※以上、ドローンについて決して否定的ではなく、むしろ肯定しているからこその意見として。
      CC-BY 4.0です (コピペ自由)。 でも、あくまでお茶しながらの話を
      勝手に僕の言葉でまとめただけなので、くれぐれもその程度にお願いします。

○最後にその他
 大学の同期がシンポジウムでコメンテーターとして壇上に上がってました。立派でした。すごい。
 恩師とは一瞬しか会えず、また来てたであろう後輩にも会えず、ちょっとやり残しもありますが、
 新しい出会いも多く、年度末の充実した出張となりました。
 最後に、今回の発表にあたり、いろんな人にお世話になりました。ありがとうございました。

スカイマップ株式会社 http://www.skymap.co.jp/